水素水

MENU

水素水の効果的な飲み方と副作用やリスクについて

水素水 画像健康維持や病気予防、美肌作り、ダイエットなど、水素水を

飲む人は何かしらの効果を期待しているはず。

 

せっかく健康・美容効果を期待して水素水を飲むからには、
できるだけ効果的な飲み方をしたいものです。

 

水素水 画像また、何らかの疾患や症状を抱えている方や妊婦さん、お子様

などデリケートな状態の方は水素水を飲むことによる副作用や
健康被害、リスクが気になるところだと思います。

 

ここでは安心して水素水を飲み、よりしっかりと効果を得られる
ように正しい飲み方や気をつけるべき点などについて説明して
いきたいと思います。

 

 

水素水の副作用、危険性について

 

水素水による副作用とは?

水素水 画像

 

水素そのものは厚生労働省による食品添加物として認可されて
いる安全、安心な成分で、水素水を飲むことによる副作用は
基本的にありません。

 

まれにお腹がゆるくなったという意見もあるようですが、
これは水素水の老廃物排出効果や整腸作用(便秘解消作用)
によるものだと考えられてもいますが、明確な関連は証明
されていません。

 

あるいは冷たい水の飲みすぎでお腹を壊してしまうことも
あるので、体質的にお腹を壊しやすい方は常温で飲むことを
おすすめします。

 

水素水の副作用やリスクはほとんどありませんが、もしも
上記のような症状が出たり不調を感じることがあれば、
念のため医師にご相談下さい。

 

 

医薬品との併用について

水素水 画像

 

水素水は医薬品やサプリメントなどと反応する成分は含まれて
いないので、それらとの併用も問題ありません。

 

ただし、心配な場合はかかりつけの医師や薬剤師に念のため
ご相談の上で飲むようにしましょう。

 

 

過剰摂取は危険なのか?

 

水素水はたくさん飲んでも問題ないのか?と心配される方も
少なくありませんが、結論から言えば過剰摂取による危険性
というものはほとんど考えられません。

 

通常考えられる1日の水分摂取量であれば、なんら問題なく
また、水素は体で使われなかった分は体内に留まることなく
排出されるので心配ありません。

 

ただし、水分によるむくみが出やすい体質の方や、医師から
水分の摂取制限がされている場合はかかりつけの医師の指導に
従って適切にお飲み下さい。

 

 

妊娠中や授乳中、乳幼児の飲用について

水素水 画像

 

妊娠期間中や小さなお子様のデリケートな体にも、水素水は
悪影響を与えたり、トラブルを引き起こすことなく
取り入れることができます。

 

どなたでも安心して飲むことができ、また犬や猫などのペット
の健康管理にも効果的だとされ、注目が集まっています。

 

 

アレルギーについて

 

水素水にはアレルギーの原因となりうる成分が含まれていない
ため、水素水そのものでアレルギーが引き起こされるという
ことはないと思います。

 

ただし気をつけるべきなのは、水自体にアレルギーを持っている
場合です。水アレルギーを持つ方は世界的にも珍しいため、
あまり心配する必要はありませんが、元々それらのアレルギーを
お持ちの方はご注意下さい。

 

 

水素水の効果的な飲み方

 

摂取量

 

推奨摂取量は、含有されている水素濃度やメーカーの考えなど
にもより大きく異なります。

 

そのため商品ごとの摂取目安量を参考に飲むのがベスト。

 

ただし水素水は過剰摂取などの心配はないので、好きな量を
飲んでいただくことができます。

 

 

飲み方や使い方

水素水 画像

 

水素水は、もちろんそのまま飲んでいる人が多いと思いますが
それ以外にもお酒の水割りに使ったり、お米の浸水に使ったり、
レモン汁を加えて飲んだりすることもできます。

 

ただし、沸騰させたり40度以上になってしまうと水素が抜けて
いってしまうので熱い飲み物などには向いていません。

 

また、飲む以外にもプレ化粧水やローションパックとして
利用したり、髪や頭皮を元気にするためにスプレーしたり
ということにも使うことができます。

 

 

飲む時間帯、タイミング

水素水 画像

 

水素水はあくまでも飲料水なので、飲むタイミングなどは
定められていません。

 

朝起きた時や食事中、仕事や家事の合間のリフレッシュとして、
運動前後の水分補給…などいつでも飲むことができます。

 

その中でも、特にダイエット効果を得たいと考えている場合は
運動や入浴前後に飲むのがおすすめ

 

また、二日酔い予防のためにお酒を飲む前やお酒の水割りなど
として飲んでおくと効果的です。

 

 

その他、注意点

 

水素水で最も気をつけるべきことは、水素水を作ったり開封したら
できるだけ早く飲み切ることです。

 

水素は分子がとても小さく、気密性のない容器に入れたり、
空気に触れるとどんどん逃げていってしまいます。

 

そのためコップに入れたものなどは長くても2〜3時間のうちに
飲むようにし、容器に入っているものについてもできるだけ
真空状態にして保存するように気をつけましょう。